~バイクに乗って気の赴くままに~

福島県を中心にツーリングスポット紹介をしていくブログです

旅人におすすめ!美人女将がいる温泉 聖石温泉

f:id:TomoRider:20210228171823j:plain

 こんばんは!このブログを運営しているTomoです。

 今回は、TVでも紹介された、美人女将がいるという温泉「聖石温泉」に行ってきました!

 調べてみると、ここの温泉ができたのは偶然だったみたく、家を建てる際に、地面を掘ってみたところ、温泉が湧き出たみたいです。そのあとに、温泉浴場を建設し、今では地域や旅人に親しまれる温泉になっているそうです。

 車を走らせ、駐車場に着くと、放し飼いにされている鶏がお出迎えしてくれました。

f:id:TomoRider:20210228171827j:plain

 放し飼いにされている、鶏を一通り眺め終え、入浴するために入口に入ると、美人女将さんが 対応してくれました。お金を払い、浴場まで案内され、温泉を堪能♪

f:id:TomoRider:20210228182654p:plain

聖石温泉公式サイトより 引用

https://hijiriishi-onsen.com/onsen/ 

 お湯の温度は、思ったよりも熱くなく、のんびりと入れる温泉です。シャンプーやボディソープも置いてありました。

 ここの温泉は、濁り湯の一つでもある、鉄泉でその性質上、茶褐色の濁り湯になっているみたいです。お湯は筋肉痛や腰痛に効能があるらしいです。週末に疲れを癒すために入りに行くにもよさそうですね。

 温泉からあがり、どこか懐かしさを感じさせてくれる自販機でコーヒー牛乳を購入し、男の一気飲み!

f:id:TomoRider:20210228171834j:plain

 コーヒー牛乳を飲み終え、施設内をのんびり見渡すと、日本一周の方の自転車や、旅人たちが書いたメッセージや写真が壁や柱にも書かれていました。

 旅がしたい......

 温泉を利用した方に無料で「聖石ベースキャンプ」と言われる、キャンプ場を利用することができるみたいです。機会があれば、利用して感想をブログに書ければいいなと思っています。

情報

営業時間 8:00~20:00(定休日:月曜日)

料金 一日ご利用 1600円

   半日(4時間) 900円

   一回(一時間半) 600円

 地図

福島県大玉村にある穴場滝スポット 「三日月の滝」

f:id:TomoRider:20210223145233j:plain

特徴

福島県大玉村にある遠藤ヶ滝は、穴場の滝スポットです。

上に載っている写真は、遠藤ヶ滝の手前にある「三日月の滝」と言われている滝です。

駐車場から遠藤ヶ滝遊歩道を30分程度歩くことでこの滝を見に行くことができる。

道中レポート

 駐車場に着くと、「遠藤ヶ滝」と書かれた看板とその近くに橋があります。

f:id:TomoRider:20210223150653j:plain

 この橋を渡り、しばらくすると、遠藤ヶ滝不動という不動明王の木像が安置されている不動堂が見えてきます。

 不動堂の奥に行くと遊歩道の看板が見えてきます。

f:id:TomoRider:20210223151221j:plain

 現在地の印が消えてしまっているが、ここから約1km程歩くみたいです。滝を見に行くまでの道中に、橋が三ヶ所あるのでそれを渡ることになります。

 看板から、しばらく歩くと1つ目の橋が見えてきます。

f:id:TomoRider:20210223151737j:plain

 1つ目の橋を渡り、2つ目の橋を渡るまでは比較的、平坦な道を歩くことになります。2つ目の橋を渡ると、急な階段を登ることになります。ここから、だんだんと道が険しくなってきます。

  しばらく歩くと3つ目の橋が見えてくるので、その橋が見えたら滝までもう少しです。

f:id:TomoRider:20210223152944j:plain

 3つ目の橋から石が多くなり、ゴツゴツとした道を歩かなくてはいけません。石が濡れていたりすると滑って転ぶ可能性があるので慎重に歩いてください。

 しばらく歩いていくと「三日月の滝」が見えてきます。

f:id:TomoRider:20210223153435j:plain

感想

 穴場の滝スポットということで、行ってみましたが、滝に近づくにつれて道が荒れてきます。長い道のりを超えた先に見れる滝は、より一層綺麗に見えました。

 また、山の中にある滝なので、念のために熊除けのグッズなども持って行ったほうがいいと思います。前日悪天候だった場合は、川の水が増えていたり、石で滑ったりして怪我をする可能性があるので注意が必要です。

情報

 

雪と氷が織りなす美しく神秘的な滝!「達沢不動滝」

f:id:TomoRider:20210216215842j:plain

特徴

福島県猪苗代町蚕養字達沢にある達沢不動滝。

いなわしろ新八景に第二番でもあり、ふくしまの水三十選の一つ。

駐車場から約10分程度で行ける人気の高い滝です。

ここにたどり着く道の途中には、中ノ沢温泉があり、複数の旅館がある。

感想

f:id:TomoRider:20210216223541j:plain

 初めて、達沢不動滝に訪れたのですが、冬のシーズンは普段利用できる駐車場から離れたところに駐車をしなければ行けないみたく、滝に入り口まで徒歩約30分程度かかりました。

 入口に行くまでの道中も雪が積もっており、道中のガードレールの上まで埋まるぐらい、積もっているところもありました。

f:id:TomoRider:20210216224850j:plain

 雪の状態によりますが訪れる際はスノーシューと呼ばれる、雪の上を沈まずに歩行できる道具があったほうがよいかと思われます。私が訪れた際も、スノーシューを履いて来ていた方が、多かったです。

 実際に、達沢不動滝を見た感想としては、雪と氷に包まれ、とても美しく神秘的な風景でした。春夏秋冬で楽しめる滝だと聞いているので、機会があれば、また訪れようと思えるようなスポットでした。

 癒しを求めて訪れてみるのはいかがでしょう。

情報

 

 

プロフィール

  f:id:TomoRider:20210214231650j:plain

こんにちは!

当ブログ『~バイクに乗って気の赴くままに~』をご覧いただきありがとうございます。

このブログでは、私の地元「福島県」のツーリングスポットに訪れ、実際に感じたことやおすすめしたいことなどを記録していくブログです。

 

 

TomoRiderの情報

TomoRiderについて

地元:福島

愛車:SR400

バイクスタイル:のんびり安全に

 

 半年近く群馬に住んでいましたが、地元福島に戻ってから、バイクに乗り楽しんでいます。

 

ブログをはじめようとしたきっかけ

 バイクの免許を取ってから、福島県中通りを中心に走っており、半年近く群馬に仕事で働きにいっていました。

 地元を半年近く離れていると、地元福島の魅力を再認識するようになっていき、

「自分が感じた魅力を何かで発信できないか?」

と思ったのをきっかけにこのブログを立ち上げました。

 

 現在YouTubeで活動していますが、こちらではもっと詳しく、訪れたツーリングスポットなどを紹介したいと考えています。

 

ブログの目的

・実際に訪れた場所や経験の記録

・福島に訪れたいと思えるような情報源になること

 

 

この目的をもとに、記事を書けるようにしていきます。